31歳主婦自営業のメル友の話

結婚をして数年が経つ普通の主婦です。
Jメールを利用してメル友を募集しました。
メル友募集、と書いて友達を募ったところ、かなり沢山の応募が着てとても嬉しかったです。

参考にしたサイトは、メル友募集【掲示板での作り方】というサイトなのですが、このやり方に従って募集をかけました。
メル友募集するのは初めてであり、あまり人からコンタクトは来ないだろうと思っていたので驚きました。
主婦業を長年に渡ってしており、他人との触れ合いが無かったので手軽に誰とでも会話ができるメル友はとても貴重に思えました。
男性ばかりからメールが着たので、男性達とはとりあえず世間話をしていたのですが、段々と会話内容がディープになり、旦那の愚痴を聞いてくれるメル友もできました。
主婦になってから誰とも会話ができない孤独な日々であったので、私は長年の愚痴や疑問や人恋しさを友達に話し、友人も私と同様に心を開いてくれて愚痴や悩みなどを打ち明けてくれて色々な人ととても良い仲が築けました。
その中でも顔写真がまるで外国人俳優のような綺麗な男性とは、私の下心もあってディープを更に行ったアダルトな会話もするようになりました。
実際には会っていませんし、浮気ではない、と自分に言い聞かせながら毎日男性とアダルトな会話をメールで交換し、その新鮮さと男性の巧みな言葉の数々に私はとても喜びました。
バーチャルの世界でもこんなに臨場感が味わえるんだ、と知った私はメールを通じてそれから大人の男性と色々な言葉で遊んでいる日々です。
男性達はみんな、口を揃えて実際に会ってみようよ、遊びに行こうよ、と誘ってくるのですがまるでもてもてのようで気分が良いです。
旦那がいるから駄目だよ、と私はしおらしい淑女を演じて断っているのですが、本当は旦那を裏切ってホテルなどで会って遊ぶのも悪くないな、と思っています。
もしその気になればいつでも出会ってくれる男性をゲットできますし、愚痴を聞いてくれる相手探しにも便利ですし、すっかり出会い系サイトが好きになりました。
でも旦那にばれないように、証拠隠滅としてメールの削除は怠りません。

36歳専業主婦のメル友の話

今からおおよそ10年程前になりますが、当時いわゆる「メル友」を探して、インターネットのひとつのコンテンツである「地域の出会い」を利用していました。

会員登録をして、自分のプロフィールを設定すればすぐに利用出来るもので、料金に関しても月額で300円少々という非常に良心的なもので、当時ならではと言えます。
女性なので、プロフィールを設定しておけば待っているだけでたくさんの男性からメールをいただける環境に居たのですが、基本的にそういった方は「数打てば当たる」という考えが強く出ている方なので、私は可能であれば出来るだけ自分で気になる方にメールを送っていました。

そんな中、一人の男性のプロフィールが気になりました。
独身の方であるのに趣味が料理とか家事全般という珍しい方で、興味を示した私はその方にすぐさまメールし、翌日には返信がありました。
幾度となくメールを繰り返しましたが、本当に家事全般が趣味である事が伺えました。
返答も誠実で、私はますますこの方に興味を示し、自分から会ってみたいという意志を伝えました。

こんな事は初めてでした。
意志を伝えてから1ヶ月後、いよいよご対面となり実際お会いしたところ、見た目が予想以上に爽やかな方で、簡単に言えば「好み」。
その4ヶ月後に私から告白して、最終的に今の夫となりました。

出会いのきっかけはネットか